昆虫をたくさん見れる場所、伊丹市昆虫館

昆虫好きな息子のため、伊丹市にある「伊丹市昆虫館」に行ってきました。

伊丹市昆虫館とは

市制施行50周年を記念してオープンした昆虫の博物館。亜熱帯の花が咲き乱れるドーム型チョウ温室では、日本最大級の大きさのオオゴマダラなど約14種1,000匹のチョウが1年中飛び交っています。このほか、子供が大好きなカブトムシやクワガタ、ナナフシやバッタ、タガメやゲンゴロウなど生きている昆虫を展示した生態展示室、身近な昆虫の世界を再現した拡大ジオラマ、世界の昆虫標本の展示、昆虫生態映像の放映、特別展、各種昆虫講座などを随時、行っています。

駐車場からは少し離れた場所にある伊丹市昆虫館

アクセスに記載のあった駐車場は昆陽池公園という公園内にあります。駐車場から伊丹市昆虫館へは少し離れています。だけど、大きな池があったり木々に囲まれた小道は子供にとってはちょっとした冒険。

伊丹市昆虫館に到着

施設外観がちょっとかわいい伊丹市昆虫館。

コロナの影響で滞在時間は60分となっています。

【伊丹市昆虫館】第1展示室

入館するとまずは第1展示室が広がります。この展示では、小さな昆虫とそのすみかを10倍の拡大ジオラマで表現しています。

【伊丹市昆虫館】生態展示室

約30種類の昆虫たちの展示ケースが並んでいます。外国産のカブトムシやクワガタ、南西諸島のナナフシやバッタ、身近な環境にくらすカブトムシやゴキブリ、ゲンゴロウやタガメのような水生昆虫など、一年を通じて様々な昆虫たちを展示しています。

【伊丹市昆虫館】チョウ温室

一年中、約14種1000匹のチョウが放されています。広さ600㎡、高さ15mの半球状のガラス温室で、関西最大級の規模を誇ります。

【伊丹市昆虫館】学習室

昆虫をはじめ、身近な自然に関する図書や文献等を自由に読むことができます。プチ展示や身近な生きものの飼育展示コーナーも。

【伊丹市昆虫館】第2展示室

常設展や企画展が展示されています。大きなナメクジが気持ち悪かった。笑

カメラと比べてもこの大きさ!

展示室には大きなイモムシのオブジェがあって記念撮影もできます。息子はなぜかマスクで顔を隠して目を見せてくれませんでした。。。

【伊丹市昆虫館】屋上スカイデッキ

階段、もしくはエレベーターで屋上に上がることができます。公園を一望できるので眺めは抜群です。向かいの屋上には蝶のカタチをしたソーラーパネルが。

【伊丹市昆虫館】映像ホール

1時間おきに昆虫の映像を放映しています。毎回内容が違っていたので興味のある映像の時間を確認して館内を回るのをオススメします。我が家は映像をみるがてら、ここでちょっと休憩です。

【伊丹市昆虫館】特別展示室

世界各地からさまざまな昆虫標本が集められています。数が多くて見応え抜群です。息子よりパパの方が夢中になっていました。

【伊丹市昆虫館】行ってみた感想

昆虫好きな子供がいる家族にはおすすめな場所でした。自然に囲まれた公園もあるので虫取りなどして帰っても楽しそうです。今回は猛暑だったのですぐ帰りましたが。。。

伊丹市昆虫館の詳細

所在地
伊丹市昆陽池3丁目1(昆陽池公園内)
電話番号
072-785-3582
開館時間
午前9時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで、チョウ温室は午前10時から)
休館日
火曜(祝日にあたるときは翌日)、年末年始、その他臨時休館日あり。
利用案内
入館料は大人400円、中高生200円、3歳~小学生100円。
昆虫館パスポート(年間観覧券)大人1500円、中高生500円、3才~小学生300円。
団体(20名以上)および障害者、市内高齢者割引あり。
駐車場
昆陽池公園立体駐車場154台(うち3台は身体障がい者対応。午前9時~午後5時。入庫は午後4時30分まで)
1時間まで200円。以降30分毎に100円加算
(ただし、30分未満の場合は30分とします)
ホームページ
伊丹市昆虫館